十人十色チャレンジ→十世代目ブルー・その22

20240210-01.jpg
前回はライアンが若者世代へと成長し、Tartosaに住むデフォシム世帯ローレント家のグレタと結婚して、ブルーの賃貸住宅を三世帯に改築して住んでもらうことにして、グレタが妊娠したことを確認しました。

グレタを家族に迎えたことで、ブルー世帯をプレイ中、グレタの姿を見かけるようになりました。

ブルー宅を賃貸住宅にして、ブルー世帯とグリーン世帯とに分けて生活するようになってから、スペースが余っている畑にグリーン夫妻のどちらかが何かを自立で植えるようなことはなかったのですが、三世帯になってから、グレタが何かを植えている姿を見ました。

グレタは「アウトドア好き」「陰気」「きれい好き」特質持ちの『フリーランスの植物学者』願望持ちなので、それでなのかもですね。

それにしても、グレタって陰気特質持ちだったのか~知らなかった!


十人十色チャレンジの基本ルールや、世代別一覧はこちら(↑)をご覧ください。
20240210-02.jpg
自立で色々植えていたグレタでしたが、3つくらい、その場に植えるものを残したまま、立ち去っていきました。

グレタが植えてくれたのは、イチゴ、グリーンピース、バレリアンプラント、スパイシーなキノコ、もうひとつバレリアンプラント、ニセアミガサダケで、植えずに残していったものはタロイモと、またまたバレリアンプラントと、パセリでした。

グリーンピースとバレリアンプラント以外はすでに品質完璧状態で育っていて、正直、あまり有り難みは感じなかったんだけど、せっかく植えてくれたので、そのまま育てることにしました。

バレリアンプラント、そんなにいらないけどね(^^;

20240210-03.jpg
カレンですが、カレンの現在の特質はご覧の通りで(MCCCによる親から遺伝する特質数の設定の影響で、親から引き継いだ特質は除いています)、だらしない食べ方をする子なので、見て下さい、この散らかりよう。

ひとくち食べるごとに、こうして食べこぼしが床に落ちるんですよ(-"-;)

20240210-04.jpg
そうしたら、その食べこぼしを食べ漁ったり、汚して遊んだりするのがペットのタートルです。

1回注意したくらいじゃ、なかなか「やっちゃ駄目なんだ」と覚えてくれないので、根気強くしつけなくては。

っていうかさ。
ワンコの場合は注意して改善できるんだから、幼児だって本当は注意すれば、少なくとも、もう少しマシな食べ方を覚えるんじゃないのかい?

シムズの世界では無理だけどさ。

20240210-05.jpg
この時に生まれたピーチの子供たちが幼児に成長したとお知らせがありました。

ピーチ夫妻がヴァンパイアなので長命なため、先日亡くなったグリーンとはかなりの年齢差がありますが、そんなグリーンの弟たちになります。

20240210-06.jpg
グレタのおなかもだいぶ大きくなってきました。
毎日必ず共有スペースに姿を見せてくれるので、嬉しいです^^

現在グレタはライアンの赤ちゃんを妊娠中で、中期に入ったようですね。

20240210-07.jpg
ライアンは、ブルーたちと一緒に生活している最中に、タートルから良く甘えられていたので、それで自立で友好値が育っていたのですが、世帯が分かれてからも、こうして仲良くしているところを良く見掛けます。

タートルが自分から甘えに行くのはライアンだけなので、この二人は相性が良いのかもですね。

20240210-08.jpg
グリーンが寿命を迎えた際についた悲しみのムードのせいで、カレンがしょっちゅう泣いているので、ブルーやLiamで代わる代わる遊んであげたり、おしゃべりしたり、包容したりして、ご機嫌取りに必死でした(^^;

ああ、でも、

20240210-09.jpg
ティニヤの寿命がそろそろなんだよなぁ・・・(;ω;)

MCCCでティニヤの寿命が残り0になっているのを確認したので、みんなでお見送りしようと、クラブ活動を開きました。

ブルーはこのところ夜中遅くまで起きていることが多いので、10時過ぎてもご覧のようにまだ就寝中でした。

ライアンが見たことのない吹き出しを出していましたが、これは「鬱陶しい」特質持ちによるものでしょうか。

20240210-10.jpg
それを見て、グレタが肯定的な吹き出しを出しつつ、手を叩いていました。
実はこの後、続いてティニヤもグレタと同じ吹き出しを出しつつ、手を叩いたのですが、

20240210-11.jpg
次の瞬間、ティニヤの寿命が来てしまい、心の準備はしていたはずなのに、動揺してしまったらしく、写真を整理していた最中にティニヤが手を叩いて喜んでいたSSを紛失してしまいました(;ω;)

あれ?
さっきまでグリーンもいたはずなのに、どこ行ったんだろう・・・と、いつの間にかいなくなってしまったグリーンを探したら、

20240210-12.jpg
勝手にブルーとLiamの寝室に入り込んで、PCでゲームしていました。
あなたは本当にPCゲームが好きだね。

20240210-13.jpg
こんな時に、ピーチからブルーに電話がかかってきました。

グリーンたちと世帯を分けずに一緒に生活していた頃は、毎日ガイがグリーンに電話をかけてきていたんですね。
ガイの場合は、ただただグリーンとおしゃべりしたかっただけなのですが。

でも、世帯を分けてしばらくしてから、毎日ピーチがブルーに電話してくるようになり、ピーチの場合、毎回誰かの面白い噂をブルーに話したくて電話してくるんですよw

ピーチはかなりの噂好きみたいです(^^;

20240210-14.jpg
外を走り回っていたタートルが、ティニヤの死を感じ取って、見送ろうとやってきていました。

ペットでさえ、見送ろうというのに、伴侶のグリーンはなにやってるんだ!と思っていたら、

20240210-15.jpg
グリーンもPCゲームをやめて、ティニヤのお見送りに間に合ったようです。
良かった~~~(〃´o`)ホッ

20240210-16.jpg
また骨壷が違う部屋に出現しましたよ。
なんでそんな離れたところに出現するんだ(-"-;)

20240210-17.jpg
グリーンの死の悲しみがようやく癒えたところで、再びティニヤの死により、みんなが悲しいムードがついてしまいました。

なかでも、ブルーは「死ぬのが怖い」と、死への恐怖を抱くようになってしまったようです。

20240210-18.jpg
グリーンの時はなぜか骨壷クリックでゴーストを呼び出す選択肢が出現しませんでしたが、今回はちゃんと表示されました。

でも、Shiftキーを押しつつ骨壷右クリックの「ゴーストを世帯に加える」で、瞬時に世帯の一員にできるとわかったので、今回もそうすることにしました。

20240210-19.jpg
その後、グリーンの世帯にティニヤをお引越しさせ、

20240210-20.jpg
CAS画面でグリーンとティニヤを夫婦に戻しました。

20240210-21.jpg
ティニヤは元々は自動生成シムで、なんと、初代ミント家に配達に来ていた郵便配達員でした。
ブログに初めて登場したのは、二世代目ローズの物語序盤でしたが、まさか九世代目グリーンにとって最高の相性のシムで、後に妻になるだなんて、ミント世帯をプレイしていた時は想像もしていませんでした。

そんなティニヤはグリーンと結婚後、ずーっと専業主婦で、自立で絵を描くことが大好きだったので、ティニヤが生前描いた傑作のうち、「陽気」な絵をお墓に飾ることにしました。

ゴーストの彼らと会えるから、そこまで寂しくはないけれど、それでも、やっぱり死は悲しいですね・・・(;ω;)

次回はカレンの誕生日のお話になると思います。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

lovelovesimsts4

Author:lovelovesimsts4


管理人マリーです
Bloggerからお引越ししました!
引き続きよろしくお願いします^^






リンクフリーです。

リンクバナーが必要な方はDLしてお使い下さい♪

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

FC2カウンター